長島由利子魂の言の葉

2019年 山羊座新月のメッセージ☆

親愛なるお仲間のみなさま(^^)

新年明けまして
おめでとうございます。

ライフエスコート代表、りこです。

いよいよ新しい元号を
迎える年となりました。

新しいことにチャレンジする、
今までの自分の殻を破る、
これを具現化するのに
最適な一年となります。

そんな自分を想像すると
静かに・・・
胸の深いところから
わくわくするような感覚を
感じませんか?

それは「魂」からの
メッセージです。

「魂」からのメッセージとは
あなたが今世で成し遂げる、
そう決めた道への誘いです。

「魂」はいつも
今よりも成長、進化することを
喜びます。

今の枠を超えて
大きくなることを信頼しています。

今年は「魂」を喜ばすことが
【最大の開運】になると言われています。

一見ふわっとした感覚になりますが、
これを成すには、
現実的なコツコツが必須になります。

よし、これをやってみよう!
よし、ここにいってみよう!
よし、誰々さんに会いにいってみよう!

もしくは、勇気をもって
よし、これを手放そう!
よし、もうお別れをしよう!

様々な想いが
沸き上がってくるかもしれませんね。

なのに人は、
熱しやすく冷めやすい生きもの。

でも、
やっぱり・・・と
現実をみるたびに
出したその一歩を
「不安」と言う守りで
しずしずとひっこめてしまう。

そして今までと
変わらぬ現実を生きてしまう。

そんなありがちなパターンから
崖から飛び降りるぐらいの気持ちで
後先なんて考えず、
その一歩を踏み出せれば
踏み出してしまえば、
案外歩みを進めてゆけるもの。

というか・・・
進めるしかなくなるので
いこうかやめようかと
思い悩むことから
解放されますよね?

「一年の計は元旦にあり」

有名すぎる諺です。

これは、
何かを始めようと思うなら、早い方がいい、
早いうちにしっかり計画を立てて
進めようという意味です。

今年最初の新月は
6日やぎ座の新月となります。

やぎ座は
「成熟期」にあたると言われています。

成熟=おとな、ですね。

子供は無鉄砲で
無計画なところがありますが、
おとなは前もって
プランを立てて
行動をし
その結果を確認して
そして改善し、
よりよい未来に繋げてゆきます。

この一連の流れは、
おとなの行動と言えますよね。

かといって
ガチガチになるのではなく
楽しみ方を心得ているのが
粋なおとなと言うもの。

ゆたかに生きることができるのは
おとなの特権です。

そのために自分を律し、
自由と言う海で、
どうゆたかに生きるのか?
それが問われます。

「時間管理」もそのひとつ。

元旦の今日、
抽象度の高いプランを立ててみませんか?

例えば
「自分の魂が喜ぶことにチャレンジする。
できない、やらない、選ばないを禁句とし、
やってみる、行ってみる、
言ってみるを採用する」

そして6日のやぎ座新月に
時間管理の視点から
今年の計を実行に移すための
「習慣」にする具体を
3つ決めませんか?

何故4つかって?
4は土台を表すからです。
土台固めをしませんか?

成功者には必ず
続けている「習慣」があるそうです。
私もそれに習い、
コンサルセラピストになってから
20年来、毎朝
続けていることが常に5つ以上ありました。
今現在の習慣はこんな感じです。

1 瞑想
2 ストレッチ
3 お祈り(お祈りノートを作っています)
4 呪文を唱えながらトイレ掃除
5 自分の身体 心 魂のヒーリング
6 神棚 仏壇に手を合わせる
7 自分の身体が動くことへの感謝を伝える
8 メンター猫が
生きていてくれることにありがとうを伝える
9 パワーストーンブレスレットをベッドから
左腕にはめて、今日もよろしく!と伝える
10 早寝早起きし、クリアなエネルギーの状態で
ライティングをする(朝活)

今年、私が「魂」を喜ばすために
新たに加える4つの習慣は
以下の通りです。

大切なひとたちを
大切にすると言う視点のもと、
あっ、大切なひとというのは
「自分」も、もちろん含まれます。

1 大切なひとにあった瞬間、
「笑顔」を携える。

2 制限を外して「欲しい」
と思えるものを選ぶ。

3 大好きな人にはためらいなく、
大好きと伝えて、ハグをする。

4 自分と相手の
「魂の成長と喜び」の視点から、
言動を選び、一致させてゆく。

と言うわけで、ぜひに!
あなたの魂を喜ばす一年の計と、
そしてそのために行う
土台の4つの習慣を、
6日のやぎ座新月までに
書き出してみてくださいね。

その大いなる一年の計を成し遂げるために
「七つ葉のクローバー」パートナー全員で
この一年をサポートをさせて頂きます。

本年もどうぞ!
よろしくお願いいたします(^^)