ライフエスコート通信

【2018年12月*射手座新月のメッセージ】代表のりこがお届けします

射手座の新月

 

明日から師も走る、

師走に入ります。

 

こんにちは、

ライフエスコート代表、

りこです。

 

師走は何かとせわしなく、

クリスマス、年末年始にむけて

瞬く間に駆け抜けてゆきます。

 

この冬のひととき、

街も彩り、こころ躍りますね。

 

このことに象徴されるように

12月の射手座とは、

最短で、とか、

最速で、とか、

このワードがキーになります。

 

そして今年最後の7日の新月が

重なることで

最短で、最速で

あなたの願いを叶えてくれる

エネルギーを放ちます。

 

だからといって

食べ続けているのに

五キロ痩せるとか、

練習もしていないのに

いきなり泳げるようになる、

なんてことは無理ですよね。

 

大切なのは

あなたが、ほんとに、

これ、ミソで、

あなたが、ほんとぉーーに、

叶えたいと望んでいる

理想の未来は何ですか?

 

先日、好奇心を常に持って

ビジネスを趣味の延長線のように

楽しまれている方から

このような、メッセージを

受けとりました。

 

「命を取られないのなら

やりたいことを

やってみればいい」

 

あなたはこの言葉を聴いて

どう、感じたでしょうか?

 

私は、

身体の力が抜けて

ほっと緩み、

自分の内側から

温かいエネルギーが

湧いてくるのを感じました。

 

人はどうしても

不安や恐れから

余計な鎧を着込んでしまいます。

 

その、鎧、重くないですか?

 

その鎧は、

あなたが「安定」の基に

着込まれたのではないですか?

 

私のビジネスのメンターは

「安定」のことを

「安く定まる」ことだと

おっしゃいました。

 

気づくと

何かを守るために

何かの安心を得るために

安く、定まろうと

していませんか?

 

私も、

自分が定めた枠に

何度も捉えられてきました。

 

そして、

勇気と行動力でもって

その枠を越えたとき

玉ねぎの皮を剥くように

常に、コアな自分へと

還っていきます。

 

振りかえれば

今年も、身を裂されるような

それまで歩んできた人たちと

道を分かつことがありました。

 

その度、嘆き、悲しみ、

もがいたけれど。。。

今、は、

そのひとたちが

私を育ててくれて

私を教えてくれて

そして、大切なひとは誰なのか?

大切な人を、大切にできる

自分でありたい、

そう、私の本心に

誘ってくれました。

 

そして、これからも

人と分かつことは続きます。

 

分かつことに慣れて

割りきる、のではなく

分かつ役割を

担ってくれたことに

感謝できるよう、

悲しみを乗り越えた

寂しさと共に、

今、共に生きてくれる、

大切な人を、

大切にして生きよう、と。

 

そして、

その大切な仲間と

成しえたい夢を

最短、最速で叶えるために

今日も、明日も、

ずっと、ずっと、

日々をコツコツと

積み重ねてゆきます。

 

ライフエスコートでは

ショップ1号店となった

アパレル部門を

感謝と共にクローズしました。

それは、より、

理想の未来にベクトルを向け、

エネルギーを集中させるためです。

 

アパレルショップで

培ったもの全てが、

血と肉となり、

パワーストーンショップ、

「七つ葉のクローバー」を

加速させてくれています。

 

今月の射手座新月パワーも

受け取り、最短、最速で

でも地道にコツコツと

進んで参りますね。

 

来年は、

皆さまとも、

より、密度濃く、

繋がりを持ってゆきますので

ベクトルをこちらに

向けて頂ければ幸いです。

 

最後に。。。

あなたに、問います。

 

「命を取られないのなら

あなたがやりたいことは

なんですか?」

 

安定を越えたとき、

みえる世界を

ご一緒しましょう(^-^)