Life Escort パートナー紹介

長島 由利子プロフィール

Life Escort 代表
エッセンシャルボデイワークコンサルタント
長島 由利子

オフィシャルサイト:  https://life-escort.biz/

▶︎▶︎▶︎ 続きを見る

短大在学中の18歳から28歳までのバブル期、
芸能関係、大手広告代理店勤務など、
華やかな世界に身を置きつつも、
心理学、スピリチュアルな世界観を学ぶ。

29歳で離婚、
31歳で父の突然の病死を経て
それまでの学びを活かし、自宅サロンを開業。

 

それから20年来、口コミだけで
延べ1万人以上のクライアントさんの人生に伴走。
2ヶ月先まで予約がとれないサロンとして
リピート率は9割を越える。

身体・心・魂・お金・美の
『五位一体型』の人生を提唱する
エッセンシャルボデイワークコンサルタント。

35歳で11歳年下の主人と再婚、
38歳の高齢で一人娘を出産。

お金の豊かさを求めた複数の投資案件を妊娠中に失敗、
周りを巻き込み、個人でも8桁を失い、
人生の大きな「試練」を受けるが、
周りの人たちの「支え」により年数をかけて復活。

このことをきっかけに、
天と繋がる身体の軸を調え
思考ではなく、閃きで人生の舵を取り
目の前の人に寄り添い
天に自分を明け渡す
「自分軸」から「人基軸」への基盤をつくる。

 

2015年1月
『人を愛しお金に愛される
スイートクラスなおひとりさま』
(通称:スイートコミュ)を立ち上げる。

20年のサロン運営で構築した
『満たし、調え、与え、循環と為す』
をベースとした
循環型のあり方を伝えながら
コミュニティリーダーとして舵をとる。

目の前の人の未来からのエールを紐解き
本質へと歩みを進められるよう
「本音」を引き出し
ひとりひとりへのきめ細やかな心配りで
関わる人の人生に伴走している。

自分の半生をしたためる本を
ギャラクシーブックスから今後出版予定。

ことだま師でもある私が名付けた座右の銘は、
「猫はメンター」。

15年前から共に暮らす猫たちから
人生の「導き」を受け続け、
今の歩みがある。

また、2017年6月より、
億万長者のメンターから
ビジネスの原理原則の教えのもと、
レディースアパレルショップ、
「Life Escort」をオープン。

ファッションを通して、
「未来を拓く女性たち」をテーマに
たくさんの女性たちの、
意識の進化・変容をサポートさせて頂きながら
今後はアラフィフの未来に世界観を拡げ、
発信をし始めている。

▶︎▶︎▶︎ 詳細を閉じる

佐藤 みゆきプロフィール

あなたの魂の個性と未来を拓くビジョンを写真で可視化する フォトビジョナリスト
ライフエスコート 代表代理
『アトリエ 蓮の果実』 主宰
佐藤 みゆき
オフィシャルサイト https://miyukisato.photo/

︎︎︎ 続きを見る


長島由利子主宰
「人を愛し、お金に愛される
スイートクラスなおひとりさま」
通称「スイートコミュ」に所属。

『写真を「撮ること」、「教えること」を通して、
あなたの魂の個性を可視化することで、
本望で生きる未来を拓き、豊かさを社会に循環できる人財を育む
。』

ことを理念の柱として活動中。

写真に携わって、今年で15年目。

カメラにハマったきっかけは、
6年間に渡るアメリカへの海外移住。
未知なる世界との遭遇を
情緒豊かに写真で描く歓びに夢中に。

フリーカメラマンとして独立する以前は、
セレクトショップにて、1400件以上の商品の
コピーライティングと物販撮影に従事。
コピーライティング掲載作品には、
『ぐでたま哲学3』や
『手帳の高橋日めくりカレンダー2014』

等がある。

現在は、
「自分をどう見せるか?」と言う視点の
ブランデイングよりも
個人が「人基軸」に立てるかどうか、

「魂の仲間に出逢える写真」に重きをおきながら、
「ポートレイト」撮影を中心に活動し、
個人、イベント、お茶会、セミナー、
アパレル着画モデル撮影、
講演会撮影など、撮影した人数は、
延べ1000人を超える。
(撮影した著名人は、占星術家の鏡リュウジ氏。
お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣氏等。)

また、各種カメラ雑誌、ムック本への写真作品掲載及び、
カメラマンの憧れである、
ラジオFM J-waveのHPの
トップページ写真に選出された経験を持つ。

「写真教育事業」としては、
自宅サロン「蓮の果実~Lotus Fruits~」にて、
セラピスト時代にマスターした心理学と写真を組み合わせた
「上手い写真」よりも「自分を満たし調える写真」を軸に、
初心者様でもたったの2時間半でマスター出来る、
デジタル一眼レフの
マニュアルモードフォトレッスンを絶賛開催中。

品行方正そうに見えて、
その実、ちょい悪天然オトボケキャラと言うギャップと
初めての撮影でも、
クライアントに絶対に緊張感を強いない安心感、
いつも正直丁寧に人と関わる在り方に、定評あり。
撮影リピート率は、90パーセント。

︎︎︎ 詳細を閉じる

小林 あづさプロフィール

【想い】を「形」に宿す 創形作家
小林 あづさ
オフィシャルサイト https://monodukuriya.net/

︎︎︎ 続きを見る


『「つくる」を通して「個」から「仲間」へ。
満たし、調え、与え、循環となす日常を、
ゆたかに生きるお手伝い』

を基本軸に、創形作家として活動中。

大学で舞台美術を学ぶも共同作業になじめず。
最初から最後まで自分自身が関われるものづくりがしたい!
との想いから陶芸の世界へ。

陶芸作家として活動し始めて22年。
その間、タイへ1年留学。
バンコクでグループ展に参加。

日本では、60回以上の個展と、
企画展、グループ展、百貨店などで100回以上の展示に参加。
短大の非常勤講師も務める。

現代アートの作家しても「土」を素材に年に1回の個展開催、活動。

陶芸がご縁で2000年に長野県は伊那谷に移住。
そのタイミングでパートナーと結婚。

「つくる」をキーワードにお米作り、発酵食、保存食、
セルフビルド・大工さんのお手伝いなど
田舎暮らしでも「つくる」に関わる。

器を作り、暮らしを手作りしていく中でも
共同作業から離れ、個人作業を求めたものの、
逆に人との関わりを学び、結いの大切さに気づく。

関わりの中から、
つくる楽しさ、豊かさを体感してもらうための
「お醤油部」を作り共同で一年かけてのお醤油づくりの会を主宰。

また、「泥だんご」のワークショップを全国各地で開催。
大人から子供まで広い層からご要望いただき
参加者は延べ600人以上。
自分自身に向き合え、掘り下げられると
マインドフルネス的にも定評をいただきリピーター多数。

パートナーと共に、
陶芸作品のショップも併設する自然食品店を
経験するも生き方のブレを感じ、
お互い本質に沿った生き方を選択し
パートナーと離婚。

現在は「つくる」「表現する」といった生み出す活動だけでなく
人とモノが繫がり、紡ぎ続けていく活動を始める。

その一つとして、大切な器を修復する「金継ぎ」を始め
仕上がりの高さに定評があり。
コンスタントに金継ぎの依頼がある。
また、つくるものに人柄が現れると好評をいただき
オーダーメードの作品も手掛けている。

2015年1月
長島由利子主宰の
『人を愛しお金に愛される
スイートクラスなおひとりさま』
(通称:スイートコミュ)に参加。
コミュの理念を携えパートナーとともに
Life Escortの場で実践中。

︎︎︎ 詳細を閉じる

片野 あきこプロフィール

自分ライフスタイリスト
「リラリラスクール代表」
片野 あきこ
オフィシャルサイト https://lilaslilas.com/

▶︎▶︎▶︎ 続きを見る


「片付けを通して、自分の人生を生きる!」
を提唱するリラリラスクール代表。

自分の人生を、
何かや誰かのせいにしない生き方を果敢に選び、
行動しながら
自分も周りもしあわせに誘う
「自分ライフスタイリスト」を続々と輩出中。

人と関わることが【3度の食事】より好き。

小学二年生の時、
教え子に慕われる父の姿を見て、
教員になることを決意。

無理と言われた高校に、
1日10時間勉強し、
合格した経験を持つなど、
やると決めたことは、
とことんやり抜く根性、負けん気が強い。

近所の小さな子の面倒を見たり、
児童会や生徒会の役員をするなど
リーダー性も
子供の頃から持ち合わせていた

1992年、念願の教員になる。
学級崩壊の経験もしたが、
一人ひとりの子どもたちや
親御さんとの関わりを
大切にしながら15年勤務する。

その間5回の流産をし、
心身ともに限界を味わい、退職。

その後、自宅サロンを開放し、
リラックスして安心できる
「リラカフェ」を始める。

口コミで広がり、
4年間で500人を超える
お客様を迎える。

常にいらしてくださるお客様が
リラックスしてくださるよう、
より良いサービス提供を追求し、
天然石アクセサリー作成販売、
アロマトリートメント、
エンジェルカードリーディング、
クリスタルボウルヒーリングなども学ぶ。

2015年、
ビジネスメンターとの出会いが大きな転機となる。

その中で、
長島由利子さんに出会い、
「人を愛し、お金に愛される
スイートクラスなおひとりさま」
通称スイートコミュに所属する。

その場に参加し、
行動することで、
本望に沿った人生が
加速的に展開していく!

2016年以降、
地方ラジオの出演依頼、
地方紙の寄稿依頼、
公の機関、
民間の機関からの講演依頼を受け
「温かい話し方」
「分かりやすい内容」など
好評を得ている。

今後は、さらに「片付け」を通して、
「未来を拓く女性たち」をテーマ
活動することに情熱を燃やしつつ、
そのための土台作りとして、家庭、職場、社会全体に、
「暖かい場、安心できる場」をともに創造し、
提供する仲間を
育てていくことに喜びを見出し
ただいま、躍進中。

飛騨高山を拠点に、
名古屋、さいたまでも、
「自分ライフスタイリスト」を輩出すべく
事業の展開を予定している。

▶︎▶︎▶︎ 詳細を閉じる

桐竹 祥元プロフィール

Life Escort
アトラクティブ  チーフ コンサルタント
エスコート王子
桐竹 祥元

▶︎▶︎▶︎ 続きを見る

女性継承、乙女文楽の家に産まれる。
産まれた瞬間から15歳~70歳まで、
女性20人以上に囲まれた中で育つ。

三歳から祖母に付き添い
舞台や指導する姿に魅せられ
いつの間にか自身も教えるようなり
その活動は、38年になる。

祖母や当時の人間国宝や、
後に国宝となる方々を相手に
子供が仮面ライダーごっこ遊びをするかのごとく
文楽を観て覚えて毎日文楽ごっこをしていくが
男性は、舞台に立てない”しきたり”と知り
5歳で、初めて挫折を味わう。

それ以後、
世の中の決まりごとや、
なぜそうなのか?ということが、
気になり
園児のころから
反発を繰り返していく。

小学校四年生の運動会の際、
それまで疑問だった

「僕が出ると言ってないのに
何故運動会に出る必要があるのか?」

を、校長室へと赴き、
校長に直に
参加の意味を問いただし、
教育委員会まで、巻き込む騒動を起こしたり

人は何故やりたくもないこと、
愚痴を言うほどの仕事を必死にするのか?

など、常に

なぜ?

と周りに聞き困らせていた。

14歳の時
諦めきれない文楽の舞台への思いを
演劇の世界に求め演劇にのめり込む。

ゴダイゴの作詞作曲家で
ハリウッドキャスティングディレクターの
奈良橋陽子氏に会い演技を学ぶ。

また、ニューヨークにある名門アクターズスタジオの
芸術監督ヘディソンタク氏からも演技を学んだ。

舞台や映画ドラマCMなど、多数出演。

そんな中、
あなたが、ハリウッド映画に出るのを目指すなんて、
毎日鏡みてる?

と同期の女優に言われ

持ち前の前向きな反骨精神と、
「なぜ?」が発動し、

念願叶って25歳の時にハリウッド映画
「ラストサムライ」に出演。

29歳で結婚するが
収入が激変し離婚。

そんな中
祖母が亡くなり
乙女文楽を継ぐことになる。

そのころ、お金やビジネスの仕組みにも
興味を持ちはじめ、学ぶ。

自身の収入が変わり増え始めたのをきっかけに、
自分と関わる全ての方が
お金を稼ぎ続けることを目標に
SNSを使ったビジネスコンサルティングを開始。
3年間で述べ29人をコンサル。うち、
女性27人男性2人。

継続して
年商8桁を稼いでいる人が1名。
年商9桁を稼いでいる人が1名。

しかしながら、「関わる全ての方が」と言う
目標設定には、なかなか思うように届かず、
さらなる自身のブラッシュアップを図るべく
コンサルティングの活動を一旦中止。

同時に、乙女文楽の活動も手放し、

「伝えるチカラ」とは何か?
「表現する」とは何か?

を一から学び直すことを決める。

そのタイミングで、
物販の世界に入る。

現在は、Life Escortの「着画撮影会」において、
参加者様に
「人基軸」に立つとは?の視点から、
「撮られ方」の指導を行っている。

その物腰の優雅さとソフトな佇まいから、
「エスコート王子」と呼ばれている。

▶︎▶︎▶︎ 詳細を閉じる